全国の20~59歳男女800人に調査「手紙と対人コミュニケーション力に関するアンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「手紙と対人コミュニケーション力に関するアンケート調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

あなたは、これまでにコミュニケーションで失敗した経験や困った経験がありますか。(単数回答)【n=800】

あなたが、普段コミュニケーションツールとして使用しているものについてお答えください。(複数回答)【n=800】

普段コミュニケーションツールとして使用しているものアンケートグラフ

半数以上がコミュニケーションで失敗した経験や困った経験があると回答

コミュニケーションで失敗した経験や困った経験が「ある」と回答した方は55.5%と半数を超える結果となりました。半数以上の現代人が気持ちを伝えることで失敗した経験、困った経験があることが調査から明らかになりました。
半数以上がコミュニケーションで失敗した経験や困った経験があると回答しましたが、普段どのようなコミュニケーションツールを使用しているのかお聞きしました。最も多い回答は「直接会う・会話する」で75.8%が回答しました。次いで「メールする」62.1%、「電話する」61.1%となっています。「手紙を書く」は11.1%が回答する結果となりました。

あなたご自身の、コミュニケーションに対する意識についてお答えください。(単数回数)【n=800】

あなたご自身の、コミュニケーションに対する意識アンケートグラフ

「苦手」と回答した方は71.4%

対人コミュニケーションに対する意識をお聞きしたところ、「苦手」と回答した方は71.4%となっています。コミュニケーションを苦手とする意識が、コミュニケーションで失敗をした要因となっているのではないでしょうか。現代人は気持ちを伝えることが苦手なのかもしれませんね。
コミュニケーションツール別で比較をすると、コミュニケーションが「得意」と回答した方が最も多い項目は「手紙」となり43.8%が回答しました。手紙を書くことがコミュニケーション力向上につながったのでしょうか。

あなたご自身の文章作成能力に関してお答えください。(単数回答)【n=800】

ご自身の文章作成能力に関してアンケートグラフ

普段手紙を書く方は半数以上が文章作成能力が「高いと思う」と回答

手紙を書く方は、コミュニケーションが得意と回答した方が多いですが、その方たちにはどのような特長があるのでしょうか。まず、文章作成能力についてお聞きしたところ、普段手紙を書く方は60.7%が文章作成能力が「高いと思う」と回答したのに対し、普段手紙を書かない方は33.2%のみとなっています。普段手紙を書く方は文章作成能力が高いようです。

あなたご自身の順序立てをした話し方をすることに関してお答えください。(単数回答)【n=800】

順序立てをした話し方をすることに関してアンケートグラフ

手紙を書くことは思わぬところで自分自身のスキルとなっているのかも?!

話し方に関しても、手紙を書く方の53.9%は順序立てをした話し方をすることを「得意」と回答したのに対し、手紙を書かない方は33.1%のみとなっており、文章能力だけではなく、順序立てた話し方も手紙を書く方が得意であることが調査から判明しました。手紙は相手を想って書くものではありますが、思わぬところで自分自身のスキルとなっているのかもしれません。

あなたが直近で手紙を書いた時期についてお答えください。(単数回答)【n=711】

直近で手紙を書いた時期についてアンケートグラフ

2人に1人が過去5年間手紙を書いていないことが判明

普段手紙を書かないと回答した方に対し、直近で手紙を書いた時期についてお聞きしたところ、55.1%が「5年より前」と回答する結果となっています。2人に1人が過去5年間手紙を書いていないことがわかります。

あなたの、手紙をもらう頻度についてお答えください。(単数回答)【n=800】

手紙をもらう頻度アンケートグラフ

56.1%の方が5年に1回以下の頻度と回答

手紙をもらう頻度についてお聞きしたところ、全体で56.1%の方が5年に1回以下の頻度と回答しています。手紙を書く・書かないで比較をすると、手紙を書かない方は5年に1回以下と回答した方が最も多く61.6%となっています。一方、手紙を書く方は65.2%が半年に1回以上手紙をもらうと回答しています。手紙を書く方は手紙をもらう傾向にあるようです。

下記のコミュニケーションツールの中で、メッセージや情報を受け取った時に、印象に残りやすいと思うもの、好感度が上がると思うものを1位から5位までお答えください。(単数回答)【n=800】

メッセージや情報を受け取った時に、印象に残りやすいと思うもの、好感度が上がると思うものアンケートグラフ

1位「直接会う・会話をする」、2位「手紙」、3位「電話」

コミュニケーションツールの中で、メッセージや情報を受け取った時に、印象に残りやすいと思うもの、好感度が上がると思うものを1位から5位までお聞きし、1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点とし平均を算出したところ、印象に残りやすいと思うもの、好感度が上がると思うもの両項目ともに「直接会う・会話をする」が1位、「手紙」が2位、「電話」が3位となりました。4位の「メール」以降は3点に届いておらず、「直接会う・会話をする」「手紙」「電話」といった「アナログなコミュニケーションツール」ほど、印象に残りやすい・好感度が上がりやすいことがわかりました。

あなたが、相手から手紙を受け取った時の相手への好意度についてお答えください。(単数回答)【n=800】

相手から手紙を受け取った時の相手への好意度アンケートグラフ

71.0%の方が手紙を受け取ることで好意度が上がると回答

手紙を受け取った時の好意度をお聞きしたところ、71.0%の方が手紙を受け取ることで好意度が上がると回答。好意度を形成するためは手紙を送ることが有効だということがわかりました。

あなたが最も嬉しいと思う相手から手紙をもらった場合、その手紙は価値が変わりますか。またその価値はいくら分の価値に相当しますか。(単数回答)【n=800】

最も嬉しいと思う相手から手紙をもらった場合、その手紙は価値が変わりますかアンケートグラフ

「価値が変わる」と回答した方が半数以上

封筒や便せん、切手代を合わせても100円未満の手紙ですが、最も嬉しいと思う相手から手紙をもらった場合、その100円未満の手紙は「価値が変わる」と回答した方が51.8%と半数以上となりました。また、価値が変わると回答した414名に対し、その価値はいくら分のプレゼントに相当するかとお聞きしたところ、「3,000円以上」と回答した方が3割を超える結果となっています。中央値から、平均金額を算出すると、その平均金額は「2,026円」となりました。100円未満の手紙は相手の文字が加わることによって2,000円以上の価値になることがわかりました。

あなたご自身の「モテ度」についてお答えください。(単数回答)【n=800】

あなたはこれまでに、何人の異性と交際しましたか。(数値回答)【n=800】

「モテ度」アンケートグラフ

手紙を書く方が交際人数は多い傾向に

ご自身のモテ度をお聞きしたところ、手紙を普段書く方は44.9%が「モテる方だ」と回答しました。約4割以上の方が、自分に自信を持っている傾向があると考えられます。一方、手紙を書かない方は26.2%のみが「モテる方だ」と回答し、その差は18.7ポイントとなりました。
また、これまでの交際人数をお聞きしたところ、手紙を書く方は3人以下と回答した方が48.3%に対し、手紙を書かない方は55.8%と、手紙を書く方が交際人数は多い傾向にあるようです。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、全国の男女20歳~59歳を対象に実施
【有効回答数】
800人(20代・30代・40代・50代の男女:各100名)
【調査実施日】
2016年2月13日(土)~2016年2月14日(日)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。