「ビジネスパーソンの疲労感に関するアンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「ビジネスパーソンの疲労感に関するアンケート調査」結果を発表。 ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

あなたが1年を通して最も疲労を感じる時期とその理由をお答えください。(単数回答)【n=1000】

あなたが1年を通して最も疲労を感じる時期とその理由アンケートグラフ

疲労を感じる時期1位は「10月~12月」で38.3%という結果に

最も疲労を感じる時期をお聞きしたところ、1位は「10月~12月」で38.3%という結果となり、次いで「7月~9月」が25.4%という結果となりました。

また、その理由をお聞きしたところ、「1月~3月」は年始で忙しいため、「4月~6月」は年度始めのため忙しくなる方や、花粉の時期でもあるため疲労を感じる方が多いようです。「7月~9月」は気温が高く体力を奪われたり、食欲が減ったりするため、「10月~12月」は年末で忙しい上に、業務や私的なイベントごとなどが重なり疲労がたまるという傾向がありました。

疲労を感じる理由

【1月~3月】
・年始のバタバタで疲れるため。(28歳/男性)
・挨拶まわりとプレゼンがあるから。(32歳/男性)
・寒さのせいか体内の巡りが悪くなりやすい気がする。(36歳/女性)
【4月~6月】
・私の所属している部署は新入社員の研修と指導が特に多忙。また今日では新入社員がすぐに退職しないように配慮しなくてはならないため。(29歳/男性)
・年度始めは業務が多く忙しいから。(41歳/女性)
・年度始めで人事異動等の業務が変わるから。花粉症の時期と重なり、余計つかれる。(30歳/男性)
【7月~9月】
・夏バテや熱帯夜による睡眠不足などで疲れがたまるからです。(51歳/女性)
・仕事自体が忙しいのもあるが気温も高く食欲も減るので、体力的にもつらいから。(52歳/男性)
・暑さが苦手で、夜も寝つきが良くないため。また、エアコンの使用で体温調節が難しいため。(39歳/男性)
【10月~12月】
・年末は特にバタバタしていて忙しいし、忘年会等の飲み会も続くので、体調的にもしんどいから。(38歳/男性)
・年末に向けて仕事が忙しくなり睡眠時間が減る事で疲労がたまる。(41歳/男性)
・年末にかけて特別な用事(年賀状の用意、クリスマス、年末年始の準備)が増えていくので。また、日中の明るい時間が減り、夕暮れも早いので気分的に疲れる。(46歳/女性)

あなたは疲労がたまりやすいタイプだと思いますか。(単数回答)【n=1000】

あなたは疲労がたまりやすいタイプアンケートグラフ

大半の人が疲労がたまりやすいと回答

「疲労がたまりやすい方だと思う」32.8%、「どちらかといえば疲労がたまりやすい方だと思う」42.2%と大半の人が疲労がたまりやすいと感じている。

あなたが1年を通して、最も忙しさを感じる時期をお答えください。(単数回答)【n=1000】

最も忙しさを感じる時期アンケートグラフ

4割以上の方が「10月~12月」を忙しいと回答

1年を通して、最も忙しさを感じる時期をお聞きしました。1位「10月~12月」43.6%という結果となり、4割以上の方が「10月~12月」を忙しいと感じていることがわかりました。年末に差し掛かると忙しくなる方が多いようです。

直近1年以内に連休前に体調崩した経験は?【n=1000】

直近1年以内に連休前に体調崩した経験アンケート調査グラフ

4割近くの方が体調を崩した経験あり

「ある」38.4%、「ない」61.6%と4割近くの方が 連休前に体調を崩した経験があるという結果となりました。

あなたが連休前に体調を崩した時期をお答えください。(複数回答)【n=384】

あなたが連休前に体調を崩した時期アンケート調査グラフ

最も多い時期は「年末年始の連休」56.3%

1位は「年末年始の連休」が56.3%。2位は「ゴールデンウイーク」で38.8%となり、1位に17.5ポイント差をつけました。上記の回答結果から年末は忙しく疲労を感じる方が多いことから体調を崩す方も増えてしまうのかも知れません。年末は体調を崩さないためにも、より一層疲労感を取り除き体調管理をする事が重要なのかも知れません。

年末年始の連休前に体調を崩した理由として思い当たる理由を教えてください。(複数回答)【n=216】

年末年始の連休前に体調を崩した理由として思い当たる理由アンケート調査グラフ

「風邪」と比較すると「日ごろ蓄積した疲労」が2倍の差で多いことが判明

直近1年以内に年末の連休前に体調を崩したと回答した方に、体調を崩した理由で思い当たるものをお聞きしました。1位は「日ごろの疲労で」が70.4%となり、2位の「風邪がはやっていたので」35.2%と2倍の差をつけました。体調を崩さないためにも、日ごろの疲労をためこまない事が重要ですね。

体調管理のために普段気を付けている事を教えてください。(複数回答)【n=1000】

体調管理のために普段気を付けている事アンケート調査グラフ

男女別では男性は「運動」「睡眠」、女性は「食事」や「入浴」などが多い傾向に

体調管理のために普段気を付けていることをお聞きしました。1位「睡眠」69.5%、2位「食事」50.6%、3位「入浴をする」26.6%という結果となりました。男女で比較をすると、男性は「運動」や「睡眠」と回答した方が女性よりも多く、女性は「食事」や「入浴」、「ストレス発散」、「サプリメントの摂取」などが男性に比べて多い結果となりました。皆さん体調管理のために、様々なことに気を付けているようです。

あなたは、どのような時に「疲労感」が取れたと感じるかをお答えください。(複数回答)【n=1000】

どのような時に「疲労感」が取れたと感じるかアンケート調査グラフ

回答が最も多かったのは、「起床時」55.0%。「疲労感が取れた実感をすることはない」と回答した方は14.4%

どのような時に疲労感が取れたと感じるかお聞きしました。1位「起床時」55.0%、2位「入浴時」23.1%、3位「趣味や娯楽を楽しんでいるとき」17.7%という結果となりました。一方「疲労感が取れた実感をすることはない」と回答した方は14.4%となりました。10人に1人以上は慢性的に疲労がたまっているのかも知れません。疲労感があると仕事のパフォーマンスが落ち仕事に影響が出てしまう方も多いのではないでしょうか。調査結果より年末年始の連休前は体調を崩す人も多いので、体調を崩さないためにも、体に疲労感を残さないようにすることが大事なのではないでしょうか。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の システムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、全国の21歳~59歳の働いている(パート、アルバイトを除く)男女を対象に実施
【有効回答数】
1000名(20代~50代の男女:各125名)
【調査実施日】
2017年10月30日(月)~2017年10月31日(火)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。