全国の20歳~59歳のキャンペーンに応募したことがある男女400人と販促・ノベルティ担当者、またはキャンペーン活動に関与することのある男女400人に聞いた「2015年度プレゼントキャンペーンに関するアンケートモニター調査」結果大公開!!

アイリサーチアンケートモニターの方にご回答いただいた「2015年度プレゼントキャンペーンに関するアンケートモニター調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

【消費者】あなたがキャンペーンに応募する(した)方法をお答えください。(複数回答)【n=400】 /【企業】あなた(あなたのお勤め先)が消費者にキャンペーンの応募をしてもらう方法をお答えください。(複数回答)【n=400】

アンケートモニター あなた(あなたのお勤め先)が消費者にキャンペーンの応募をしてもらう方法

応募方法9割が「WEBサイトからエントリー」

消費者に対し、キャンペーンに応募する(した)方法をお聞きしたところ、「WEBサイトからエントリー」が最も多く91.0%となり、企業側も「WEBサイトからエントリー」が59.5%と最も多い結果となっています。また、2014年に実施した「プレゼントキャンペーンに関する調査」では、消費者がキャンペーンに応募する方法の「ハガキで応募」は77.0%でしたが、今回の調査では49.8%と27.2pt下回る結果となりました。パソコンやスマートフォンなどの通信インフラの拡大により、ハガキでの応募をしたことがない方が増えたのかもしれません。

【消費者】あなたがWEBサイトからキャンペーンにエントリーした理由をお答えください。(複数回答)【n=364】

アンケートモニター 【消費者】あなたがWEBサイトからキャンペーンにエントリーした理由

20代はパソコンよりもスマートフォンを使用してキャンペーンにエントリーする方が多い

「WEBサイトからエントリー」と回答した消費者に対し、WEBサイトからキャンペーンにエントリーした理由をお聞きしたところ、全体では「パソコンから応募ができるから」が73.9%で最も多い回答となりました。次いで、「スマートフォンから応募ができるから」42.9%、「手間が少ないから」40.7%の順となっています。年代別でみると、20代で最も多い回答が「スマートフォンから応募ができるから」69.8%となり、20代はパソコンよりもスマートフォンを使用してキャンペーンにエントリーする方が多いことがわかりました。

【消費者】あなたはどの内容のキャンペーンに応募したいと思いますか。(複数回答)【n=400】

アンケートモニター 【消費者】あなたはどの内容のキャンペーンに応募したい

少額でも当選確率が高いキャンペーンの方が好まれる

どの内容のキャンペーンに応募したいと思うかをお聞きしたところ、最も多い回答が「500名に1,000円分当たるキャンペーン」81.5%と8割を超える結果となりました。少額でも当選確率が高いキャンペーンの方が好まれる傾向にあることがわかります。

【消費者】あなたは≪応募してから「即時」に当選がわかるキャンペーン≫と≪応募してから「後日」に当選がわかるキャンペーン≫のどちらのキャンペーンに応募したいと思いますか。(単数回答)【n=400】

○○○○○

「即時」に当選がわかるキャンペーンが人気

キャンペーンの応募から当選までのスピードについてお聞きしたところ、≪応募してから「即時」に当選がわかるキャンペーン≫が68.3%という結果となりました。当選したかどうかを待つ楽しみよりも気軽にキャンペーンを楽しみたい方が多いのかもしれません。

【消費者】あなたがキャンペーンで欲しいと思うものをお答えください。(複数回答)【n=400】

アンケートモニター あなたがキャンペーンで欲しいと思うもの

「金券」98.0%!!

キャンペーンで欲しいと思うものをお聞きしたところ、全体では「金券」98.0%がトップ、次いで「家電機器」60.8%、「お菓子」39.5%の順となっています。また、年代別でみると、各年代の9割が「金券」と回答しました。金券については、使い道を自由に選べることが最大の魅力であると思う方が多いのではないでしょうか。

【企業】あなた(あなたのお勤め先)は今までのキャンペーン時に何をプレゼントしたことがありますか。(複数回答)【n=400】

アンケートモニター 【企業】あなた(あなたのお勤め先)は今までのキャンペーン時に何をプレゼントしたことがありますか

「金券」37.5%がトップ

企業がキャンペーンでプレゼントしたことがあるものをお聞きしたところ、「金券」37.5%、次いで「生活用品」32.3%、「お菓子」31.5%の順となりました。【Q6】の「キャンペーンで欲しいと思うもの」の結果では、20代~50代全ての年代で「金券」がトップという結果から、消費者のニーズを把握している企業も多いことが伺えます。

また、「金券」と回答した方に対し、キャンペーンで金券(商品券・デジタルギフト等)を採用した際の成功談を自由回答方式でお聞きしたところ、「新規顧客が増えた」「売上が増えた」などの回答が目立つ結果となりました。

【消費者】あなたがキャンペーンで欲しいと思う金券(商品券・デジタルギフト等)はどれですか。(複数回答)【n=392】

アンケートモニター 【消費者】あなたがキャンペーンで欲しいと思う金券(商品券・デジタルギフト等)はどれ

欲しいと思う金券は男女で異なる結果に

「金券」と回答した消費者に対し、キャンペーンで欲しいと思う金券の種類をお聞きしたところ、全体では「JCBギフトカード」61.0%、「Amazonギフト券」60.5%、「QUOカード(クオカード)」53.3%となりました。男女別でみると、男性で最も多い回答は「Amazonギフト券」72.3%、女性は「JCBギフトカード」67.5%と、欲しいと思う金券は男女で異なることがわかりました。

【企業】 あなた(あなたのお勤め先)がキャンペーンでプレゼント用の金券(商品券・デジタルギフト等)として、利用できることを≪知らないもの≫をお選びください。(複数回答)【n=400】

○○○○○

「Amazonギフト券」28.5%が最も多い

一方、企業に対しキャンペーンでプレゼント用の金券として、利用できることを≪知らないもの≫をお聞きしたところ、「Amazonギフト券」28.5%が最も多いという結果になりました。「キャンペーンで欲しいと思う金券」の結果では、「Amazonギフト券」が第2位にランクインしていますが、約3割の企業がキャンペーンで「Amazonギフト券」を利用できることを知らないということが判明しました。

【企業】あなた(あなたのお勤め先)が「商品券」をプレゼントキャンペーンとして利用した際の不満点を教えてください。(複数回答)【n=400】

アンケートモニター【企業】あなた(あなたのお勤め先)が「商品券」をプレゼントキャンペーンとして利用した際の不満点

「取り扱いが面倒である」36.8%、「配送コストがかかる」33.3%がトップ2

企業に対し「商品券」をプレゼントキャンペーンとして利用した際の不満点をお聞きしたところ、「取り扱いが面倒である」36.8%、「配送コストがかかる」33.3%がトップ2となりました。また、2014年に実施した「プレゼントキャンペーンに関する調査」でも「配送コストがかかる」と「取り扱いが面倒である」がトップ2であることから、配送コストや取り扱いの手間の部分でまだ解決できていない企業も多いようです。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~59歳のキャンペーンに応募したことのある男女、20歳~59歳の販促・ノベルティ担当者、またはキャンペーン活動に関与することのある男女を対象に実施
【有効回答数】
800人
【調査実施日】
2015年11月11日(水)~2015年11月12日(木)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。