「シェアリングエコノミー」を知っている人1000人に聞いた「シェアリングエコノミーの実態アンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「シェアリングエコノミーの実態アンケート調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

「シェアリングエコノミー」サービスの利用状況は?

女性の方が男性よりも、シェアリングサービスに積極的

「モノ」のシェアリングサービスが最も利用率が高く、「空間」「移動」が続く。ジャンルを問わず、シェアリングサービスの利用経験率は男性よりも女性の方が高く、利用したいと思わない人の割合も、女性の方が低い結果となった。

シェアリングエコノミーの「モノ」サービスを利用している、利用したい理由は?

第1位「安く利用・購入できるから」68.3%

「安く利用・購入できるから」が68.3%と最も高く、「気軽に利用・購入できるから」52.9%、「便利だから」47.7%が続く。出品者が個人が多いこと、気軽にネットで取引できることが理由ではないだろうか。

シェアリングエコノミーの「モノ」サービスについて、1か月あたりに支払う金額は?

少額の商品売買が盛んに行われている

月平均で3000円未満が37.5%と最も高く、1万円未満で全体の70%を超える。

スキルシェアを利用しない理由は?

男女ともにトラブルを懸念する回答が最も多い

スキルをシェアする立場でサービスを利用しない理由として、男女ともにトラブルを懸念する回答が最も多い。 次いで、男性は報酬の安さをあげる回答が多く、女性は自分には特別なスキルがない、自分にできそうな仕事がないという回答が多い。

スキルシェアで活かせるスキルは?

第1位「データ入力」34.1%

全体では「データ入力」が34.1%と最も多い回答となった。男女別で見ると、女性は「料理」や「掃除」と回答した人が多かった。スキルシェアを利用しない理由で、特別なスキルがないことがあげられていたが、タイピング能力や家事も、シェアできるスキルとして十分活用できることがわかった。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、20歳~69歳の「シェアリングエコノミー」について特徴を知っている方
【有効回答数】
1000名(一都三県と一都三県以外で500名ずつ、年代別100名ずつ)
【調査実施日】
2018年9月3日(月)~9月6日(木)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。