1都3県の20~59歳の男女1000人に聞いた「無人レジの将来性に関するアンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「無人レジの将来性に関するアンケート調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

セルフレジ、セルフ精算レジの認知及び利用状況は?

高い認知率であることが判明

セルフレジ・セルフ精算レジの認知者はそれぞれ88.2%、84.3%という結果に。 【現在利用している】と回答した人はそれぞれ54.4%、59.4%といずれも半数以上となっており、1都3県での普及は進みつつあることが伺える。

普段利用しているお店にセルフレジ・セルフ精算レジが設置された場合、イメージはどう変わるか?

半数が「良くなる」「やや良くなる」と回答

約2人に1人がイメージが「良くなる」「やや良くなる」と回答。

無人コンビニの認知及びイメージは?

イメージ第1位は「スピーディーに商品が購入できる」が40.9%

知っている・聞いたことはあると答えた人は65.6%。イメージとしては、「スピーディーに商品が購入できる」が40.9%で最も多く、「革新的・先進的である」「手軽に物が買える」と続きます。

今後の無人コンビニの利用意向について

年齢の低い人程、無人コンビニに対する抵抗感は低い

女性よりも、男性のほうが無人コンビニを利用してみたいと回答する傾向が見られる。また、年代別に見ると20代、30代男女共に50%以上の方が「利用したい」「やや利用したい」と回答している。年齢の低い人程、無人コンビニに対する抵抗感は低いといえそうです。

有人?無人?あなたはどっちがいい?

性年代別では20代男性の50%が「無人レジ」を利用したいと回答

有人レジ、無人レジ、どちらのほうが今後利用したいかという設問では、20代男性の50%が「無人レジ」を利用したいと回答しており、男性の方が「無人レジ」の利用意向が高いことが判明しました。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、1都3県に住む20~59歳の男女を対象に実施
【有効回答数】
1000名
【調査実施日】
2018年7月27日(金)~2018年7月30日(月)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。