シニア世代とミドル世代1000人に聞いた「シニア世代とミドル世代のコミュニケーションに関するアンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「シニア世代とミドル世代のコミュニケーションに関するアンケート調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

【シニア】あなたは、スマートフォンに替えて良かったと思いますか。(単数回答)【n=250】

スマートフォンに替えて良かったアンケートグラフ

シニア世代の86.8%ががスマートフォンに替えてよかったと回答

60歳~75歳のスマートフォンを持つシニア世代に対し、スマートフォンに替えて良かったと思うかをお聞きしたところ、60.0%が「そう思う」と回答しました。「ややそう思う」と回答した26.8%を合わせると86.8%のシニアがスマートフォンに替えて良かったと思っていることがわかりました。性別で比較をしても大きな差はなく、シニア世代は男女ともにスマートフォンライフを楽しんでいるようです。

【シニア】あなたは、スマートフォンを持ったことで家族とのコミュニケーションは増えましたか。(単数回答)【n=250】

スマートフォンを持ったことで家族とのコミュニケーションアンケートグラフ

いまやシニア女性の家族コミュニケーションにはスマートフォンは欠かせない存在?!

また、スマートフォンを持つシニア世代に対し、スマートフォンを持ったことで、家族とのコミュニケーションが増えたかとお聞きしたところ、56.4%と半数以上が「はい」と回答しました。スマートフォンはミドル世代、シニア世代などの家族間のコミュニケーションを増やすツールと言えそうです。また、性別で比較をすると、女性は67.2%が「はい」と回答しています。いまやシニア女性の家族コミュニケーションにはスマートフォンは欠かせない存在になっているのではないでしょうか。

【シニア】あなたが、スマートフォンに替えたことで、どのようなことができるようになりましたか。あてはまるものをお答えください。(複数回答)【n=250】

スマートフォンに替えたことで、どのようなことができるようになりましたかアンケートグラフ

女性の6割以上がスマートフォンに替えたことで周囲との連絡が取りやすくなったと回答

スマートフォンに替えたことでできるようになったことを、スマートフォンを所有しているシニア世代に対してお聞きしました。その結果、「ガラケーでできなかったことができるようになった」と回答した方が58.8%で多い結果となりました。また、性別でみると、女性の6割以上がスマートフォンに替えたことで周囲との連絡が取りやすくなったと回答しています。

【シニア】前問で「周囲の人と連絡が取りやすくなった」とお答えした方にお聞きします。あなたが、スマートフォンに替えたことで、具体的にだれと連絡が取りやすくなりましたか。(複数回答)【n=136】

スマートフォンに替えたことで、具体的にだれと連絡が取りやすくなりましたかアンケートグラフ

家族や友人と気軽に連絡が取れるように

前問で「周囲の人と連絡が取りやすくなった」と回答した方に、だれに連絡が取りやすくなったかをお聞きしました。その結果、最も多いのは「娘(義娘)と連絡が取りやすくなった」となり64.7%、次いで「友人・知人・同僚と連絡がとりやすくなった」「息子(義息)と連絡がとりやすくなった」と続きます。シニア世代のスマートフォン満足度には、家族や友人と気軽に連絡が取れるようになったことが大きく貢献していることがみて取れます。

【シニア】あなたは、スマートフォンの使用方法の習得をどのように行ないましたか。あてはまるものをすべてお答えください。(複数回答)【n=250】

スマートフォンの使用方法の習得アンケートグラフ

男性より女性の方がさまざまな方法で調べて習得した方が多い

次いで、スマートフォンの使用方法の習得をどのように行なったかをお聞きしました。その結果、最も多い回答は「いろいろ試してみて習得した」50.8%となりました。性別で比較をすると、男性は女性より「いろいろ試してみて習得した」、「インターネットで調べた」、「取扱説明書を読んだ」など、調べて習得した方が多い結果となっています。一方、女性は男性よりも「娘(義娘)に聞いた」、「息子(義息)に聞いた」、「購入したお店の店員に聞いた」など家族や店員など人に聞いた方が多い結果となり、性別で差の出る結果となっています。

【シニア】あなたが、スマートフォンの使用方法を習得するうえで困ったことや感じたことについてお答えください。(複数回答)【n=250】

スマートフォンの使用方法を習得するうえで困ったことや感じたことアンケートグラフ

83.2%のシニア世代が使用方法習得に困った経験あり

スマートフォンの使用方法を習得するうえで困ったことや感じたことをお聞きしたところ、最も多い回答は「一人で習得することに限界があった」となり36.0%が回答しました。女性は「娘(義娘)や息子(義息)が忙しく、聞くのは気が引けた」という回答も男性より多い結果となっています。また、「特になし」と回答したのは16.8%のみとなり、83.2%のシニア世代がスマートフォン使用方法を習得するうえで困った経験があるという結果になりました。多くのシニア世代がスマートフォンの使用につまずいたことがわかります。

【ミドル】あなたの親は、スマートフォン・ガラケー(普通の携帯電話)を持っていますか。(複数回答)【n=500】

親は、スマートフォン・ガラケー(普通の携帯電話)を持っていますかアンケートグラフ

半数以上のシニア世代がスマートフォンを保有

次いで、30代40代のミドル世代に親とのコミュニケーションについてお聞きしました。親が持っている携帯電話をお聞きしたところ、「スマートフォンを持っている」と回答した方が最も多く62.6%となりました。半数以上のシニア世代がスマートフォンユーザーであることが調査から判明しました。また、ガラケーユーザーよりもスマートフォンユーザーが多いことが上記グラフからわかります。

【ミドル】前問で親が「スマートフォンを持っている」とお答えした方にお聞きします。あなたは、親の携帯電話をスマートフォンに替えて良かったと思いますか。(単数回答)【n=313】

親の携帯電話をスマートフォンに替えて良かったアンケートグラフ

スマートフォンに替えて良かったと思わない計は3.8%にとどまる

ミドル世代が親の携帯電話をスマートフォンに替えて良かったと思うかをお聞きしたところ、40.3%が「そう思う」と回答しました。「ややそう思う」と回答した方は24.3%となり、合計64.5%は親がスマートフォンに替えて良かったと思っていることがわかりました。また、スマートフォンに替えて良かったと思わない計は3.8%にとどまる結果となっています。性別で比較をすると、女性は約7割が親がスマートフォンに替えて良かったと思うと回答しています。親を想う子の気持ちがうかがえる結果ではないでしょうか。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の システムを利用したWEBアンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、携帯電話を所有している60歳~75歳と、スマートフォン所有者している30歳~45歳の男女を対象に実施
【有効回答数】
1000名 (シニア世代:60歳~75歳のスマートフォン所有者、ガラケー所有者の男女:各125名  ミドル世代:30歳~45歳スマートフォン所有者の男女:各250名)
【調査実施日】
(シニア世代)2018年7月11日(水)~2018年7月13日(金):(ミドル世代)2018年7月20日(金)~2018年7月23日(月)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。