全国の20歳~69歳の男女1000人に大調査「野菜不足に関するアンケート調査」結果大公開!!

アイリサーチモニターの方にご回答いただいた「野菜不足に関するアンケート調査」結果を発表。ご協力いただいたみなさまどうもありがとうございました。

気になる結果 ピックアップ

あなたの、普段の野菜摂取状況についてお答えください。【n=1000】

○○○○○○

84.2%もの人が摂取できていると回答

野菜摂取量に関する調査結果
「野菜摂取できていると思っている人」84.2%のうち、1 日の野菜摂取目標の 350g に達しているのはわずか 14.0%

普段の野菜摂取状況をお聞きしたところ、84.2%もの人が摂取できていると回答しました。

一日の食事(朝食・昼食・夕食)の平均野菜摂取量 × 性別【n=1000】

○○○○○○

全体の平均摂取量は 195.62g と野菜摂取目標の350g以上には達しておらず

実際の野菜摂取量を調べるために、フードコーディネーター南恵子氏監修の元、朝・昼・夕の 3 食を「完全に野菜中心の大皿メニュー(野菜量 140g 相当)」「野菜中心の小皿が 1 皿分はある(野菜量70g 相当)」「野菜を扱った小皿が 2 皿分はある(野菜量 140g 相当)」「野菜を扱ったメニューは無いが、コップ 1 杯の野菜スムージーや野菜ジュースを必ず飲んでいる(野菜量 70g 相当)」「野菜中心ではないが、食事内に含まれる微量の野菜は食べている(野菜量 30g 相当)」「食べていない(野菜量0g)」に分け、各食事の野菜量に見合った食事画像を用意し、調査対象者に 1 日の野菜摂取の分量に一番近いメニューを選んでいただくという調査を行ないました。 84.2%もの人が野菜を摂取していると思うと回答したに関わらず、全体の平均摂取量は 195.62g という結果になりました。性別で見ると男性は 191.42g、女性は 199.82g で女性のほう若干摂取量が高い傾向にあることが分かりました。しかし、どの年代、性別も、野菜摂取目標の 350g 以上には達しておらず、日本人の野菜不足の深刻さが浮き彫りとなりました。

一日の食事(朝食・昼食・夕食)の平均野菜摂取量 × 野菜の摂取状況【n=842】

○○○○○○

野菜を摂っていると回答した 84.2%うち目標の 350g 以上に達した人は全体のわずか14%に留まり、86%もの人が勘違い菜食をしていることが判明しました。

1 日に必要とされている野菜摂取量はどのくらいだと思いますか。【n=1000】

○○○○○○

「350g 以上」と回答した人は 44.2%

厚生労働省が定める成人 1 日の野菜摂取目標は 350g 以上。「350g 以上」と回答した人は 44.2%に留まる結果となり、1 日に必要な摂取量が正しく認識されていない実態が明らかになりました。

一日の食事(朝食・昼食・夕食)の平均野菜摂取量 × 居住地【n=1000】

○○○○○○

居住地別で、1 日の平均野菜摂取量を比べてみたところ、北海道・東北地方(187.36g)が一番少なく、続いて九州・沖縄地方(192.21g)、関東地方(195.44g)という結果になりました。

冬の野菜・炭水化物類・タンパク質類の各摂取量は他の季節と比較して増減していますか。【n=1000】

○○○○○○

唯一野菜だけが冬に摂取量が減少するという人が半数以上

冬の野菜摂取に関する調査結果
冬の野菜摂取量は減少すると回答した人は 56.9%で、冬は野菜不足に陥りやすい季節であることが判明! 一方、炭水化物類・タンパク質類は増加傾向に!

冬とその他季節での「野菜」、「ご飯・パン・麺・餅などの炭水化物類」、「肉・魚などのタンパク質類」それぞれの摂取量についてお聞きしたところ、唯一野菜だけが冬に摂取量が減少するという人が半数以上の 56.9%もいることが分かりました。一方で、冬に炭水化物類の摂取量が増えていると回答した人は 54.3%、タンパク質類の摂取量が増えていると回答した人は 58.4%でした。
また、冬における朝の野菜摂取量(67.9%)やサラダ等の生野菜摂取量57.6%)が減っていると答えた人が多いということが分かりました。
なお、冬の野菜摂取量が減る主な要因(複数回答)としては、「価格が高くて買うのを控えるから(48.5%)」、「体が冷えるような気がするから(30.3%)」、「寒くて生野菜を摂取する気が薄れるから(30.3%)」などがあがりました。

冬の野菜の摂取量が減る理由をお答えください。【n=1000】

○○○○○○

野菜の価格が高く買い控えしている人が多い

野菜の摂取量が減り、炭水化物やタンパク質類の摂取量が多くなることから、冬は特に野菜不足に陥りやすい季節であることが分かりました。

配偶者にするならどのような相手が良いと思うかお答え下さい。【n=1000】

○○○○○○

男女共に結婚するなら野菜好きがいいと思っていることが判明!

野菜と恋愛に関する調査結果
男女共に結婚するなら野菜好きがいいと思っていることが判明!

全体の 90%以上の人が、結婚するなら野菜好きが良いと回答。野菜の好きのほうが、結婚に有利に働く可能性があるのかもしれません。

日本人とアメリカ人、どちらのほうが 1 日の野菜摂取量が多いと思いますか。【n=1000】

○○○○○○

「日本人よりもアメリカ人の方が野菜摂取量が多い」という事実を知らない人が 85.4%

日本人とアメリカ人の野菜摂取量に関する調査結果
「日本人よりもアメリカ人の方が野菜摂取量が多い」という事実を知らない人が 85.4%
日本人とアメリカ人、どちらのほうが 1 日の野菜摂取量が多いと思うかお聞きしたところ、「日本人(85.4%)」と回答した人が「アメリカ人(14.6%)」と回答した人を大きく上回る結果となりました。
農林水産省が平成 25 年 1 月に発表した「野菜の消費をめぐる状況について」によると、2009 年度の日本人 1 人 1 年あたりの野菜摂取量は 102kg(1 日平均約 280g)に対してアメリカ人は 123kg(1日平均約 340g)でした。日本人の野菜不足が 1993 年以来年々深刻化しているにも関わらず、自身の野菜不足に気付くことのできない日本人が多いことが分かりました。

調査概要
【調査の方法】
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
【調査対象】
アイリサーチ登録モニターのうち、全国の男女 20 歳~69 歳を対象に実施
【有効回答数】
1000 人
【調査実施日】
2015年1月23日(金)~2015年1月26日(月)

いかがでしたか。これからもアイリサーチではポイントがもらえるアンケートの実施、みんなが気になるアンケートの結果発表を行っていきます。

お寄せいただいた貴重なアンケート結果はサービスや商品改善に活かされます。今後もよろしくお願いいたします。

アイリサーチはカンタンなアンケートにお答えいただくだけで、 ラクラクお小遣い稼ぎが可能。
ためたポイントは、現金や電子マネーなどに交換できます。